PROFILE

鴻牙唖狼

Author:鴻牙唖狼
キミ・ライコネンを応援しています!
F1を見始めた切欠は、ミカ・ハッキネンです。

Recent Entries

Categories

Result & Race Calendar

Recent Trackbacks

Recent Comments

BlogPeople

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第15戦F1イタリアGP決勝結果。

第15戦イタリアGP決勝結果です。
今回はかなり白熱しました!!最後までかなり目が離せませんでした!!

伝統のサーキット!
アウトドローモ・ナツィオナーレ・ディ・モンツァです♪
天候:晴れ 気温:28℃ 路面温度:45℃

予選前の痛恨のエンジン交換・・・
10グリッド降格のペナルティ
レース中・・・タイヤ交換のための、いらぬピットイン
終わりにスピン・・・

キミ・ライコネン結果は4位でしたけど・・・不運の神が降り続けている・・・もとい今年はトラブルばっかり起きてるし・・・5ポイント取れたのは良かったです。
でも、またルノーフェルナンド・アロンソとのポイント差が3point広がって27point差になりました(号泣)

それにしても珍しく、今回は20台完走してましたね。

↓以下決勝結果
  1. J-P.モントーヤ  マクラーレン メルセデス  今季2勝目♪
  2. F.アロンソ  ルノー
  3. G.フィジケラ  ルノー
  4. K.ライコネン  マクラーレン メルセデス  不運の神降り中(泣)
  5. J.トゥルーリ  トヨタ
  6. R.シューマッハ  トヨタ
  7. A.ピッツォニア  ウィリアムズ BMW
  8. J.バトン  B・A・R Honda
  9. F.マッサ  ザウバー ペトロナス
 10. M.シューマッハ  フェラーリ
 11. J.ビルヌーブ  ザウバー ペトロナス
 12. R.バリチェロ  フェラーリ
 13. C.クリエン  レッドブル コスワース
 14. M.ウェバー  ウィリアムズ BMW
 15. D.クルサード  レッドブル コスワース
 16. 佐藤琢磨  B・A・R Honda
 17. T.モンテイロ  ジョーダン トヨタ  完走まだまだ記録伸ばし中(笑)
 18. R.ドーンボス  ミナルディ コスワース
 19. C.アルバース  ミナルディ コスワース
 20. N.カーティケヤン  ジョーダン トヨタ

ファンパブロ・モントーヤは残り5周を切ったくらいから・・・タイヤがかなりヤバかったですよねぇ・・・左リアタイヤ。もうルノーフェルナンド・アロンソに追いつかれないかどうか、かなりひやひやしてました。
地元、フェラーリ2台は・・・結局入賞も出来ずに終わりましたね。寂しいことで。
B・A・R Hondaは、ジェイソン・バトンが8位ギリギリ入賞、佐藤琢磨は不運なピットでしたね。

マクラーレンキミ・ライコネンは、29周目に左リアタイヤの交換・・・せっかくの『1ストップ作戦』が、台無しに・・・。
でも、ライコネンはファステストラップ、51周目に1分21秒504を叩き出してましたね♪
タイヤ交換の挙句・・・45周目くらいにロッジアの出口でスピンした時は、かなりハラハラしましたよ!!無事コース復帰して、抜かれたTOYOTAヤルノ・トゥルーリを、すぐに鬼気迫る走りでオーバーテイクしたのを見た時は、騒ぎました!(笑)←家族迷惑
その上、370.1km/hとスピードも良く出してましたよw
今回は改めて、マクラーレンのマシンも速いけど(信頼性は最悪だけどw)・・・何よりライコネンのドライビングの速さに魅了されましたw

今回はいろいろと白熱して面白かったです!次回も面白いレースが見れると良いです。

次回のベルギーGPこそは!!!
キミ・ライコネンに不運の神が降りて来ませんように・・・。

スポンサーサイト

Comment

もう、大ショックです~、
またしても不運の神がこれでもか!これでもか!とばかりにキミに襲い掛かり、
それでもへこたれずによくがんばりましたよね。
下手したら次のベルギーもしくはブラジルで、
アロンソがワールドチャンプ決めてしまう可能性も出てきましたが、
まだ、あきらめずに応援します!

junnowさん、いらっしゃい~。
本当に一体どれだけ続いたら、ライコネンの不運は止まるのか・・・。
アロンソのワールドチャンプの可能性がかなり高くなりましたが関係ないです!
とにかく、ライコネンを応援します!!

投稿

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://destroyzone.blog61.fc2.com/tb.php/40-e56ee6ad

眞鍋さんブログ本感想をTB&F1イタリアGP

ここだけの話はすごい面白かったですし体調の方はファンとして心配してますそれに爪がドクロをモチーフにしてるっていうのが僕もドクロをモチーフにしたブログを使ってるので共感するし是非見に来て頂たいですこの本は3回読んだけど何回読んでも飽きない1冊だし...

F1:イタリアGP:決勝

イタリアGP:レース モントーヤが今季2勝目祝20台全車完走全車完走は44年ぶり

BMWウィリアムズ~イタリアGP決勝

モンツァでの第15戦イタリアGP。ハイドフェルドに代わって出場したピッツォニアが根性を見せ7位!ウエバーはスタート直後にレッドブルと接触&ピットイン、これが原因で14位に。アントニオ・ピッツォニアとてもうれしい結果だけど、もっと万全の状態で臨めたら、これ以上の結

強さのルノー、速すぎるマクラーレン

予選トップ・タイムにもかかわらず10番手降格のペナルティを受けたキミ・ライコネン。ただ一人、ワン・ストップ作戦に出て逆転チャンプへ望みがつながったと思えたそのとき、夢は風前の灯火に。燃料で重い車体とあまりの速さにリア・タイヤのトレッドが剥離して再度のピット?

【F1 イタリアGP 決勝】 優勝はモントーヤ 琢磨は無念の16位・・・

 20台全てが完走を果たしたイタリアGPを制したのはマクラーレン・モントーヤ選手。終盤にタイヤのトラブルに見舞われましたが、アロンソ選手を...

イタリアGP・レース結果

なんかねぇ。ガッカリなグランプリでした。スタートでは、若干加速の鈍かった琢磨を5番グリッドスタートのヤルノがかわして琢磨は5位に後退。1コーナーで、後方集団で接触はあったものの大きな問題にはならず、全車レースを続行。最終コーナーにあたるパラボリカの進入...

琢磨・・・

今回残念。しかもなんていうミス・・・これじゃちょっとかわいそう。はぁ??????????。イタリアGPの優勝は、モントーヤ。しかも今回は、全車完走。今までにあったかな。覚えていないんですけどね。ある意味大

F1 イタリアGP 決勝

イタリアGP 決勝1位 J・モントーヤ2位 F・アロンソ3位 G・フィジケラ4位 K・ライコネン5位 J・トゥルーリ6位 R・シューマッハ7位 A・ピッツォニア8位 J・バトン10位 M・シューマッ

まったく…

ナンセンスなレース展開でした。あまりの脱力感で、書く気にもなれません。しっかし…酷いね!あっつ!愚痴が止まりません(爆)こんなチームに「結果を出せ!」と言われる選手はかわいそうだわ。もしかして、次回もエントリーするの?BAR HONDA?考え直したほうがいいのでは

F1(78) イタリアGP決勝 佐藤琢磨は

 人気blogランキングへ 決勝結果はコチラJuan Pablo Montoya 優勝Tiago Monteiro 連続完走!Takuma Sato 16位 こんな順位に誰がしたBARのピットクルーの方々へお願い本番で給油の練習をしないで下さい「あ~...

2005年F1世界選手権シリーズ第15戦イタリアGP 決勝

今回の総合ランキングは? 今回はハラハラドキドキのレースでゴールするまで何が起こるかわからないレースでしたね!! レースは前日の公式予選ではトップタイムを記録しながらも、エンジン交換による“10グリッド降格”処分により、決勝を11番グリッドからスタートしたラ.

うわーモントーヤよう頑張ったねぇ。

いつぞやの、ラスト一周でライコネンのタイヤバースト→スピン→リタイアってヤツを思い出しました…モントーヤに命の危険が!!ラスト4週で、モントーヤの左リアタイヤに異変が!!そのわずか前にも、ライコネン様、同じ左リアタイヤが一部はがれるアクシデントが...

F1 イタリアGP 決勝

ルノー勢フェルナンドが2番手、ジャンカルロ8番手、対してエンジン交換したライコネ

F1 イタリアGP 決勝

残り少なくなってきた今季のF1。今後の展開によってはまだチャンピオンの行方が左右される事になるだけに、このイタリアGPは大きな意味を持っています!モンツァは気温28℃、路面温度45℃、湿度46%。未明に大雨が降ったという事で、塵等の若干の影響が心配されます。...

2005F1イタリアGP決勝

2005F1イタリアGP決勝 優勝はマクラーレンのJ-P・モントーヤが見事ポールtoウィン! 2位にタイトル確実か?ルノーのF・アロンソ。 3位には久々ルノーのG・フィジケラが入った。

ベルギーGP

 ベルギーGPプレビューベルギー・アルデンヌ山中に位置するスパ・フランコルシャンサーキットは、何よりもオールージュの偉容が見る者を圧倒する。1924年に最初のレースが行われて以来、F1の歴史に欠くことのできないサーキットとなっている。全長6,976kmのこの

【F1】イタリアGP モンツァ

F1のモンツァでのイタリアGP。日本の佐藤琢磨は予選4番手でバトンとともに2列目からのスタート。ドライバーズポイント1位のアロンソは3番手、2位のライコネンはエンジン交換で10グリッド降格である。ポールは同じマクラーレンのモントーヤ、そして地元フェラーリのシューマッ

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。