PROFILE

鴻牙唖狼

Author:鴻牙唖狼
キミ・ライコネンを応援しています!
F1を見始めた切欠は、ミカ・ハッキネンです。

Recent Entries

Categories

Result & Race Calendar

Recent Trackbacks

Recent Comments

BlogPeople

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第17戦ブラジルGP決勝結果。

2007年 第17戦ブラジルGP決勝
アウトドモーロ・ホセ・カルロス・パーチェ / 4.309km 71周
天候:晴れ
気温:36℃ 路面温度:64℃
ドライコンディション


フェラーリ
キミ・ライコネンが優勝!!!
大・逆・転!
初ワールドチャンピオン獲得!!

やってくれると信じていました!!
本当にキミは最高です!!
格好良過ぎます!!


↓決勝結果。
  1. K.ライコネン  フェラーリ  初タイトル獲得!
  2. F.マッサ  フェラーリ
  3. F.アロンソ  マクラーレンメルセデス
  4. N.ロズベルグ  ウィリアムズ
  5. R.クビサ  BMW
  6. N.ハイドフェルド  BMW
  7. L.ハミルトン  マクラーレンメルセデス
  8. J.トゥルーリ  トヨタ
  9. D.クルサード  レッドブル
 10. 中嶋一貴  ウィリアムズ
 11. R.シューマッハ  トヨタ
 12. 佐藤琢磨  SAF1
 13. V.リウッツィ  トロ・ロッソ
 14. A.デビッドソン  SAF1
 15. A.スーティル   スパイカー →リタイア
 16. R.バリチェロ  Honda →リタイア
 17. H.コヴァライネン  ルノー →リタイア
 18. S.ベッテル   スパイカー →リタイア
 19. J.バトン  Honda →リタイア
 20. M.ウェバー  レッドブル →リタイア
 21. 山本左近  トロ・ロッソ →リタイア
 22. G.フィジケラ  ルノー →リタイア

完走は14台。
リタイアが8台でした。

キミが初のワールドチャンピオンを獲得出来て良かったです!
今までの全ての苦労が、報われたね!
キミにとっての最高のバースデイプレゼントだね!欲しい物が手に入れられて良かったね!

どんなに苦しい苦境に立たされても、絶対に諦めなかった姿勢・・・そんなキミの姿勢が、タイトル獲得に繋がったんだと思う。
キミの6勝が、今季の全てだと思う。優勝したのも一番多いしね!
2003年、2005年と・・・不運に見舞われて、諦める事になったタイトルだったけど・・・此処に来て、全部そんな悔しさも吹き飛んだね!
1ポイントという僅差で大逆転・・・痺れました。感動させてくれてありがとう。
本当に、本当におめでとう!!!

ちゃっかり66周目に、ファステストラップ1:12.445までw

表彰台に来るなり、(フライング)シャンパンぐびっと・・・姿には、キミらしいと思いました(笑)

今日は、本当に見応えのあるレースになりました。
キミは良いスタートでした。ハミルトンの前に出て2位に!
マッサの上手いブロックが良かった。ありがとうマッサ。)
まずは、前に出れたぞ!!・・・と思ったら、アロンソハミルトンの前にw
そして、ハミルトンはオーバーランで順位を8位まで落とします。

もしかしてキミに今日は運が向いてる!?・・・と思った瞬間でしたが・・・まだまだ序盤、何が起こるか分からないのがF1。
すかさずハミルトンハイドフェルドをオーバーテイクして順位をまた上げますが・・・なんと、7周目にハミルトンのマシンに少々トラブルが。それでスローダウンで一気に順位が18位まで下がります。
やはり、何が起こるか分からない・・・と思いました。マクラーレンのチームの方では、どうやらレース前にギヤボックスに不安があるのは分かってたみたいですけど。・・・その後怒涛のオーバーテイクで何とか10位に浮上。

キミは1回目のピットストップ後、焦りもあったのかピットレーンにてちょっぴりミスw
1回目の時は、チームメイトのマッサの前には出られませんでした。
ピットストップ2回目の時には、マッサが先にピットに入って、その間のキミは、気合を入れてファステスト。ギリギリでしっかりマッサの前にキミ出て、一先ず安心w
その後フェラーリは完全に1-2体勢。3位に居るアロンソとのタイム差は、40秒以上軽くあったw
それでもまだ安心出来ないのがF1。
何しろ、キミ今までの事が有るし。もう後は、ひたすら何ものマシンに何も起こらない事を願ってました。
3回ピットストップに作戦を切り替えたハミルトンが、上ってくるだろうと思いつつ・・・
キミマッサアロンソの後ろに居るドライバー(ロズベルグ、クビサ、ハイドフェルド)がどうかそのままで順位をキープしてくれますように・・・と祈ってました。何か有ったら途端に、ハミルトンが順位を上げるから。
結局ハミルトンは7位でした。

中嶋一貴の1回目のピットにはビックリ。ピットクルーを轢いてしまいました。
でも初F1レースにて、10位完走はまずまずかな。


1ポイント差という僅差でワールドチャンピオンが決まった。
キミが1位に上がって快走してるのを見ながらも、ずっとハラハラしましたよ。
あちこちで、リタイアするドライバーがいましたしね。
キミの走りはかなり、安定感があったので、ミスなんてしないと思ってたけど!

マッサのサポートも素晴らしい。
もちろん、最大限勝ちたい気持ちは前面に出してたよね。(あのミスとか見ると・・・)
でも、そういうマッサの走りがあったからこそ、キミは目一杯走れたんだと思う。
Wタイトル獲得、キミおめでとう。そしてありがとう。マッサやチームもありがとう。
色んな事が有ったけど、1年お疲れ様でした。

今までずっと、不運に遭ってきていて、ワールドチャンピオンを逃してきたキミ
苦労の末、フライング・フィンがついに初タイトルを手にしました!!
キミにとっては、なかなか長い道のりだったのではないかと思います。
マクラーレン在籍中、速いマシンに乗れた事は有りました。でもそのマシンには速さは有っても、信頼性が無かった。
リタイア率38%は酷かった。全てがマシントラブルという訳では無かったが・・・ここぞという所で、トラブルが発生して、何度もキミは取れた筈のポイントを逃し、僅差でシーズンが終わった事もある。
色々とすっとばかして、ザウバーから仮ライセンスでF1デビューを果たした頃から、ずっとキミ応援してきましたが、本当にやっとワールドチャンピオンに!
心からおめでとうを言いたいです。


夏に遡る、今年の七夕の日・・・
先輩達と飲みに行ったショットバーで、飲みながらw短冊を恥ずかし気も無く掲げた甲斐があったというものです(笑)
Kimi Raikkonenがワールドチャンピオンになれますように!!』
という願いを、短冊に念を込めて筆ペンで書いたのです。そして笹に掲げたのです。その時には、すでに結構苦しい展開でしたが、それでもキミのファンだから、諦めずに書いてみたのです。
(バーテンダーのNさん、先輩!言われてた通り凄い効果でしたぜw)

スポンサーサイト

Formula1 2007 ポイントランキング

Formula1 2007のポイントランキングです。

ワールドチャンピオンを獲得したのは、キミ・ライコネンです!!!

■ドライバーズ ポイント ランキング■
順位ドライバー名ポイント
1位キミ・ライコネン110
2位ルイス・ハミルトン109
3位フェルナンド・アロンソ109
4位フェリペ・マッサ94
5位ニック・ハイドフェルド61
6位ロバート・クビサ39
7位ヘイッキ・コヴァライネン30
8位ジャンカルロ・フィジケラ21
9位ニコ・ロズベルグ20
10位デイビッド・クルサード14
11位アレクサンダー・ブルツ13
12位マーク・ウェバー10
13位ヤルノ・トゥルーリ8
14位セバスチャン・ベッテル6
15位ジェンソン・バトン6
16位ラルフ・シューマッハ5
17位佐藤琢磨4
18位ビタントニオ・リウッツィ3
19位エイドリアン・スーティル1
20位ルーベンス・バリチェロ0
21位スコット・スピード0
22位中嶋一貴0
23位アンソニー・デビッドソン0
24位山本左近0
25位クリスチャン・アルバース0
26位マーカス・ヴィンケルホック0

コンストラクターズを獲得したのはFERRARIです。

■コンストラクターズ ポイントランキング■
順位チーム名ポイント
1位FERRARI204
2位BMW SAUBER101
3位RENAULT51
4位WILLIAMS33
5位RED BULL24
6位TOYOTA13
7位TORO ROSSO8
8位HONDA6
9位SUPER AGURI4
10位SPYKER1
McLAREN0

McLARENは、今回スパイ騒動の裁定が決まり、ポイントを剥奪されました。


大逆転!!!

キミ・ライコネン!!
ワールドチャンピオンおめでとう!!!

すっごく感動しました。
キミの最後まで諦めない姿勢・・・
それがここにきて、見事に報われました。
もう格好良すぎ!!!
キミは、本当に最高!!

Formula1 2007 Kimi Raikkonen Race Result

2007年のキミ・ライコネンのレース結果です。

キミ・ライコネンは、110 pointを獲得。
ドライバーズランキング1位。
見事にワールドチャンピオンを獲得しました!!!

開催日GP名予選決勝ポイント
03/18第1戦 オーストラリアGP1位1位10
04/08第2戦 マレーシアGP3位3位6
04/15第3戦 バーレーンGP3位3位6
05/13第4戦 スペインGP3位R0
05/27第5戦 モナコGP15位8位1
06/10第6戦 カナダGP4位5位4
06/17第7戦 アメリカGP4位4位5
07/01第8戦 フランスGP3位1位10
07/08第9戦 イギリスGP2位1位10
07/22第10戦 ヨーロッパGP1位R0
08/05第11戦 ハンガリーGP4位2位8
08/26第12戦 トルコGP3位2位8
09/09第13戦 イタリアGP5位3位6
09/16第14戦 ベルギーGP1位1位10
09/30第15戦 日本GP3位3位6
10/07第16戦 中国GP2位1位10
10/21第17戦 ブラジルGP2位1位10
※R=リタイア合計point110

第17戦ブラジルGP予選結果。

2007年 第17戦ブラジルGP予選。

ポールポジションは、フェラーリフェリペ・マッサです。
母国で張り切ってるみたいでw

↓予選結果。
  1. F.マッサ  フェラーリ
  2. L.ハミルトン  マクラーレンメルセデス
 3. K.ライコネン  フェラーリ
  4. F.アロンソ  マクラーレンメルセデス
  5. M.ウェバー  レッドブル
  6. N.ハイドフェルド  BMW
  7. R.クビサ  BMW
  8. J.トゥルーリ  トヨタ
  9. D.クルサード  レッドブル
 10. N.ロズベルグ  ウィリアムズ
 11. R.バリチェロ  Honda
 12. G.フィジケラ  ルノー
 13. S.ベッテル  トロ・ロッソ
 14. V.リウッツィ  トロ・ロッソ
 15. R.シューマッハ  トヨタ
 16. J.バトン  Honda
 17. H.コヴァライネン  ルノー
 18. 佐藤琢磨  SAF1
 19. 中嶋一貴  ウィリアムズ
 20. A.デビッドソン  SAF1
 21. A.スーティル   スパイカー
 22. 山本左近   スパイカー

キミは、3番手からのスタート。
スタートはきちんと決めて、出来ればハミルトンの前に出られたら良いねぇ。(無理か?あんまり寄ると危険だしねw)

マッサは、母国で優勝する気満々でw
これは、キミにはチームメイトのマッサよりも速く走って貰わないと!

頑張れキミ!!
何が何でも優勝してポディウム真ん中で、シャンパンぐびっと・・・じゃなくて、笑顔でガッツポーズをw

ブラジルGPフリー走行1&2回目。

ブラジルGP
フリー走行1回目
路面はウェットコンディション。

  1. K.ライコネン  フェラーリ  1:19.580
  2. F.マッサ  フェラーリ  1:20.062
  3. H.コヴァライネン  ルノー  1:20.829
  4. N.ロズベルグ  ウィリアムズ  1:21.064
  5. L.ハミルトン  マクラーレンメルセデス  1:21.121
  6. R.シューマッハ  トヨタ  1:21.243
  7. S.ベッテル  トロ・ロッソ  1:21.598
  8. M.ウェバー  レッドブル  1:22.104
  9. J.トゥルーリ  トヨタ  1:22.104
 10. V.リウッツィ  トロ・ロッソ  1:22.250
 11. R.バリチェロ  Honda  1:22.434
 12. J.バトン  Honda  1:22.477
 13. D.クルサード  レッドブル  1:22.667
 14. 佐藤琢磨  SAF1  1:22.929
 15. A.スーティル   スパイカー  1:23.248
 16. 中嶋一貴  ウィリアムズ  1:23.261
 17. A.デビッドソン  SAF1  1:23.551
 18. 山本左近   スパイカー  1:24.366
 19. N.ハイドフェルド  BMW  NO TIME
 20. R.クビサ  BMW  NO TIME
 21. F.アロンソ  マクラーレンメルセデス  NO TIME
 22. G.フィジケラ  ルノー  NO TIME

ハイドフェルド、クビサ、アロンソ、フィジケラはインストレーションラップを走行しただけで、タイム計測をしなかった。

フリー走行2回目
路面は1回目の時よりも、乾いてきてコンディションは良くなっていた。

  1. L.ハミルトン  マクラーレンメルセデス  1:12.767
  2. F.アロンソ  マクラーレンメルセデス  1:12.889
  3. F.マッサ  フェラーリ  1:13.075
  4. K.ライコネン  フェラーリ  1:13.112
  5. G.フィジケラ  ルノー  1:13.579
  6. R.クビサ  BMW  1:13.587
  7. N.ロズベルグ  ウィリアムズ  1:13.655
  8. 中嶋一貴  ウィリアムズ  1:13.664
  9. D.クルサード  レッドブル  1:13.706
 10. N.ハイドフェルド  BMW  1:13.785
 11. R.シューマッハ  トヨタ  1:13.829
 12. H.コヴァライネン  ルノー  1:13.879
 13. R.バリチェロ  Honda  1:13.892
 14. J.バトン  Honda  1:14.095
 15. V.リウッツィ  トロ・ロッソ  1:14.152
 16. J.トゥルーリ  トヨタ  1:14.179
 17. S.ベッテル  トロ・ロッソ  1:14.409
 18. 佐藤琢磨  SAF1  1:14.431
 19. A.デビッドソン  SAF1  1:14.409
 20. M.ウェバー  レッドブル  1:14.543
 21. A.スーティル   スパイカー  1:15.095
 22. 山本左近   スパイカー  1:15.715

1回目の時と比べると、ややマクラーレンの2人がフェラーリの2人より走れてるのかな・・・。
キミもマッサも1分13秒台を切れず・・・。


ところで・・・。
フリー走行1回目で、ペナルティの審議対象が・・・3人ほど。
ハミルトンとバトンと琢磨の3人。
レギュレーションで、フリー走行1回目と2回目では、ドライバーは1セットのウェットタイヤとエクストリームウェザータイヤを、それぞれ1セットずつしか使用出来ないと決められているが、3人はウェットタイヤを2セット使用したとして審議対象になっているそう。

もしもペナルティとなるなら、一体どんなペナルティが下されるのか。
まさか、ハミルトンが審議対象に入ってるとは・・・注目ですね!

more »

Happy Birthday!!

今日は、Kimi Matias Raikkonenの28歳の誕生日です。

キミ、おめでとう!!


ザウバー時代(F1デビュー)から・・・
つまり2001年から、ずっと応援してるけど、あれから7年になるのだなぁ・・・と思うと、自分も結構長くF1見てるんだとしみじみ思いました。
(ちゃんと見始めて10年ぐらいか)

今シーズンはあと1戦ブラジルGPで終わってしまいますが・・・
キミの優勝で終わると良いなぁと思います。

これからも、キミを応援していきますぞ!!

第16戦中国GP決勝結果。

2007年 第16戦中国GP決勝
上海インターナショナルスピードウェイ / 5.451km 56周
天候:雨 or 曇り
気温:30℃ 路面温度:32℃


日本に続き、台風の影響もあってか上海でも路面状態は悪く・・・天候は雨&曇りで、ウェット&ドライな路面状態でした。

フェラーリ
キミ・ライコネンが優勝!!!

キミは本当に最高ですね!!
ここぞという所で、優勝獲ってくれました!

これで、最終戦のブラジルGPまで、キミとアロンソとハミルトンのバトルは縺れ込みます!!
(キミは、厳しいですが・・・此処まで来たら、頑張って欲しい!)

↓決勝結果。
  1. K.ライコネン  フェラーリ
  2. F.アロンソ  マクラーレンメルセデス
  3. F.マッサ  フェラーリ
  4. S.ベッテル   スパイカー
  5. J.バトン  Honda
  6. V.リウッツィ  トロ・ロッソ
  7. N.ハイドフェルド  BMW
  8. D.クルサード  レッドブル
  9. H.コヴァライネン  ルノー
 10. M.ウェバー  レッドブル
 11. G.フィジケラ  ルノー
 12. A.ブルツ  ウィリアムズ
 13. J.トゥルーリ  トヨタ
 14. 佐藤琢磨  SAF1
 15. R.バリチェロ  Honda
 16. N.ロズベルグ  ウィリアムズ
 17. 山本左近  トロ・ロッソ
 18. R.クビサ  BMW →リタイア
 19. L.ハミルトン  マクラーレンメルセデス →リタイア(今季初リタイア)
 20. R.シューマッハ  トヨタ →リタイア
 21. A.スーティル   スパイカー →リタイア
 22. A.デビッドソン  SAF1 →リタイア

完走は17台。
リタイアが5台でした。

本日の出来事・・・。
28周目、ハミルトンをキミがオーバーテイクしてトップに!!
とりあえず、キミがトップに出た!!!(思わずガッツポーズ)

このまま行っちゃえ!キミ!!!
・・・と思ってたら、本当にキミへ願っても無い”運”が転がってきたよ!(珍しい・・・)
ハミルトンのリヤタイヤが酷い状態に!!・・・フフフ、飛ばし過ぎるからさ。気づかなかったのかw・・・と思いました。
この辺は、まだまだハミルトンの甘い所ですね。
し・か・も・・・タイヤ交換に向かう為、ピットレーンに向かったのは良いが・・・
ハミルトンは、ピットレーンを曲がれずグラベルに突っ込んでストップ!!!
これは、思いも寄らないミス!・・・焦らずに戻って数ポイント取るだけで問題なかっただろうに。あーあって感じ。
マーシャルに押して貰っても動かず、そのままリタイア!!(2度目のガッツポーズw)
ハミルトンにとっては、今季初リタイアとなりました。

前回までのポイント差で、何か起こらない限りは・・・
と言ってたけど、台風の影響がありましたね。
ポイント差
ルイス  107P
アロンソ 103P -4
キミ    100P -7
本当、リタイアでも起これば、コロッと変わっちゃいそうな感じで。これは、まだまだ最終戦で何が起こるか分からないね。

セバスチャン・ベッテルは、結局ペナルティをくらう事になり、5グリッド降格となりましたが、1ストップ作戦も功を奏して、4位でフィニッシュ!!天候も味方したね!!それに頑張った。
そして、バトン・・・本当雨の日は動きが良いなぁw

次は・・・最終戦ブラジルGPです。
キミの良い意味での諦めの悪さ・・・その強い執念が齎したチャンス。もう此処でも期待しましょう!!
マッサの母国だけど・・・マッサにはちょっと諦めて貰おうwゴメン、マッサ
アロンソにも頑張って欲しいね。
キミアロンソ・・・どちらか!?(が良いなぁ。キミ>>アロンソだけどw)
本当にここでも、また何かが起こってくれる事を楽しみします!!

more »

第16戦中国GP予選結果。

2007年 第16戦中国GP予選。

ポールポジションは、マクラーレンルイス・ハミルトンです。

↓予選結果。
  1. L.ハミルトン  マクラーレンメルセデス
 2. K.ライコネン  フェラーリ
  3. F.マッサ  フェラーリ
  4. F.アロンソ  マクラーレンメルセデス
  5. D.クルサード  レッドブル
  6. R.シューマッハ  トヨタ
  7. M.ウェバー  レッドブル
  8. N.ハイドフェルド  BMW
  9. R.クビサ  BMW
 10. J.バトン  Honda
 11. V.リウッツィ  トロ・ロッソ
 12. S.ベッテル  トロ・ロッソ
 13. J.トゥルーリ  トヨタ
 14. H.コヴァライネン  ルノー
 15. A.デビッドソン  SAF1
 16. N.ロズベルグ  ウィリアムズ
 17. R.バリチェロ  Honda
 18. G.フィジケラ  ルノー
 19. A.ブルツ  ウィリアムズ
 20. 佐藤琢磨  SAF1
 21. A.スーティル   スパイカー
 22. 山本左近   スパイカー

決勝の天候が・・・また気になる所ですね(汗)
台風近づいてるから・・・その影響で雨になったら・・・。

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。