PROFILE

鴻牙唖狼

Author:鴻牙唖狼
キミ・ライコネンを応援しています!
F1を見始めた切欠は、ミカ・ハッキネンです。

Recent Entries

Categories

Result & Race Calendar

Recent Trackbacks

Recent Comments

BlogPeople

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第18戦ブラジルGP決勝結果。

2006年F1 第18戦ブラジルGP決勝
アウトドローモ・ホセ・カルロス・パーチェ / 4.309km 71周
天候:晴れ 気温:25℃ 路面温度:45℃

ブラジル、インテルラゴスでのF12006年シーズンの最終戦。
最後の最後までチャンピオン争いが縺れ込みました。

ミハエル・シューマッハ
F1での最後のレース。

フェラーリフェリペ・マッサが母国でポールトゥウィンで優勝!!

↓以下決勝結果。
  1. F.マッサ  フェラーリ 母国で優勝!!
  2. F.アロンソ  ルノー ワールドチャンピオン!!
  3. J.バトン  Honda
  4. M.シューマッハ  フェラーリ トラブル続発。
  5. K.ライコネン  マクラーレンメルセデス
  6. G.フィジケラ  ルノー
  7. R.バリチェロ  Honda
  8. P.デ・ラ・ロサ  マクラーレンメルセデス
  9. R.クビサ  BMWザウバー
 10. 佐藤琢磨  SAF1 HONDA
 11. S.スピード  トロ・ロッソコスワース
 12. C.ドーンボス  レッドブルフェラーリ
 13. V.リウッツィ  トロ・ロッソコスワース
 14. C.アルバース   ミッドランドトヨタ
 15. T.モンテイロ  ミッドランドトヨタ
 16. 山本左近  SAF1 HONDA
 17. N.ハイドフェルド  BMWザウバー →R
 18. D.クルサード  レッドブルフェラーリ →R
 19. J.トゥルーリ  トヨタ →R
 20. R.シューマッハ  トヨタ →R
 21. M.ウェバー  ウィリアムズコスワース →R
 22. N.ロズベルグ  ウィリアムズコスワース →R

完走は16台。

フェラーリフェリペ・マッサは、ポールポジションでのスタート。
序盤から大きなリードを保ち、そのままフィニッシュ。母国初優勝オメデトウ!!

このブラジルGPで最後のレースとなる、ミハエル・シューマッハは、途中の8周目辺りで左リアタイヤをパンク。
一気に最後尾にまで順位が落ちました。

その後2回ほど、スピードが急に落ちたりと、何かマシンにトラブルを抱えているようでしたが・・・どんどん前のマシンを抜き去って、猛追。
残り3周というところで、マクラーレンキミ・ライコネンをオーバーテイク!!(キミ最後に抜かれちゃったよ・・・)
マクラーレンはスピードに伸びが無かったから、キミは抜かれるだろうと思ってたけど。さすが、ミハエル・・・といったところでしょうか。

ミハエル4位まで上ってきましたが、ここでレースが終了。
長かったF1レース人生への、ピリオド。
最後の一瞬まで、楽しませてくれました。
お疲れ様でした!!

ルノーフェルナンド・アロンソが、2位に終わり、2年連続のワールドチャンピオンとなりました。
コンストラクターズの方も、ルノーが1位となりました。

スーパーアグリ佐藤琢磨も10位と頑張ってましたね!!


キミ・ライコネンが5位。 マクラーレンは、これで10年振りにシーズン中1度も優勝する事無く、2006年のレースを終了しました。
マクラーレンでの最後のレース、お疲れ様でした。

色々と、書きたい事はあるのだけど、また後でゆっくりと書きたいと思います。

スポンサーサイト

Formula1 2006 Kimi Raikkonen Race Result

2006年のキミ・ライコネンのレース結果です。

キミ・ライコネンは、65 pointを獲得。
ドライバーズランキング5位で終わりました。

開催日GP名予選決勝ポイント
03/12第1戦 バーレーンGP22位3位6
03/19第2戦 マレーシアGP7位R0
04/02第3戦 オーストラリアGP4位2位8
04/23第4戦 サンマリノGP8位5位4
05/07第5戦 ヨーロッパGP5位4位5
05/14第6戦 スペインGP9位5位4
05/28第7戦 モナコGP3位R0
06/11第8戦 イギリスGP2位3位6
06/25第9戦 カナダGP3位3位6
07/02第10戦 アメリカGP9位R0
07/16第11戦 フランスGP6位4位4
07/30第12戦 ドイツGP1位3位6
08/06第13戦 ハンガリーGP1位R0
08/27第14戦 トルコGP7位R0
09/10第15戦 イタリアGP1位2位8
10/01第16戦 中国GP5位R0
10/08第17戦 日本GP11位5位4
10/22第18戦 ブラジルGP2位5位4
※R=リタイア合計point65

Formula1 2006 ポイントランキング

Formula1 2006のポイントランキングです。

ワールドチャンピオンを獲ったのは、フェルナンド・アロンソです!!

■ドライバーズ ポイント ランキング■
順位ドライバー名ポイント
1位フェルナンド・アロンソ134
2位ミハエル・シューマッハ121
3位フェリペ・マッサ80
4位ジャンカルロ・フィジケラ72
5位キミ・ライコネン65
6位ジェイソン・バトン56
7位ルーベンス・バリチェロ30
8位ファン・パブロ・モントーヤ26
9位ニック・ハイドフェルド23
10位ラルフ・シューマッハ20
11位ペドロ・デ・ラ・ロサ19
12位ヤルノ・トゥルーリ15
13位デイビッド・クルサード14
14位マーク・ウェバー7
15位ジャック・ヴィルヌーヴ7
16位ロバート・クビサ6
17位ニコ・ロズベルグ4
18位クリスチャン・クリエン2
19位ビタントニオ・リウッツィ1

コンストラクターズを獲ったのは、ルノーです。

■コンストラクターズ ポイントランキング■
順位チーム名ポイント
1位ルノー206
2位フェラーリ201
3位マクラーレン メルセデス110
4位ホンダ86
5位BMW ザウバー36
6位トヨタ35
7位レッドブル レーシング16
8位ウィリアムズ11
9位トロロッソ1
-MF1 トヨタ-
-スーパーアグリ F1-

≪第18戦ブラジルGP終了時点≫

第18戦ブラジルGP予選結果。

ブラジルGP予選結果。

ポールポジションは、フェラーリフェリペ・マッサです。

キミ、フロントローからのスタートですvv
最後の最後で優勝なるか!?

そして、ミハエル・シューマッハ。
まさかのトラブル。Q3でマシントラブルにより、NO TIMEで、10番手からのスタートです。

↓予選結果。
  1. F.マッサ  フェラーリ
 2. K.ライコネン  マクラーレンメルセデス
  3. J.トゥルーリ  トヨタ
  4. F.アロンソ  ルノー
  5. R.バリチェロ  Honda
  6. G.フィジケラ  ルノー
  7. R.シューマッハ  トヨタ
  8. N.ハイドフェルド  BMWザウバー
  9. R.クビサ  BMWザウバー
 10. M.シューマッハ  フェラーリ
 11. M.ウェバー  ウィリアムズコスワース
 12. P.デ・ラ・ロサ  マクラーレンメルセデス
 13. N.ロズベルグ  ウィリアムズコスワース
 14. J.バトン  Honda
 15. C.ドーンボス  レッドブルフェラーリ
 16. V.リウッツィ  トロ・ロッソコスワース
 17. S.スピード  トロ・ロッソコスワース
 18. C.アルバース   ミッドランドトヨタ
 19. D.クルサード  レッドブルフェラーリ
 20. 佐藤琢磨  SAF1 HONDA
 21. 山本左近  SAF1 HONDA
 22. T.モンテイロ  ミッドランドトヨタ

第17戦日本GP決勝結果。

2006年F1 第17戦日本GP決勝
鈴鹿サーキット / 5.807km 53周
天候:晴れ 気温:25℃ 路面温度:29℃

20周年の鈴鹿でのF1GP。
今年で最後なのは淋しい気がしますね。

ルノーフェルナンド・アロンソが優勝!!

ミハエル・シューマッハは、エンジンブローでリタイア!!
こんな肝心なところでかよ!?

キミ・ライコネンは、11番手スタートから5位フィニッシュ。今年のマシンでは、これがいっぱいいっぱいな走りか。タイヤ選択間違えたかw

↓以下決勝結果。
  1. F.アロンソ  ルノー
  2. F.マッサ  フェラーリ
  3. G.フィジケラ  ルノー
  4. J.バトン  Honda
  5. K.ライコネン  マクラーレンメルセデス
  6. J.トゥルーリ  トヨタ
  7. R.シューマッハ  トヨタ
  8. N.ハイドフェルド  BMWザウバー
  9. R.クビサ  BMWザウバー
 10. N.ロズベルグ  ウィリアムズコスワース
 11. P.デ・ラ・ロサ  マクラーレンメルセデス
 12. R.バリチェロ  Honda
 13. C.ドーンボス  レッドブルフェラーリ
 14. V.リウッツィ  トロ・ロッソコスワース
 15. 佐藤琢磨  SAF1 HONDA
 16. T.モンテイロ  ミッドランドトヨタ
 17. 山本左近  SAF1 HONDA
 18. S.スピード  トロ・ロッソコスワース →R
 19. M.ウェバー  ウィリアムズコスワース →R
 20. M.シューマッハ  フェラーリ →R
 21. D.クルサード  レッドブルフェラーリ →R
 22. C.アルバース   ミッドランドトヨタ →R

これで、ミハエルアロンソのポイント差が10pointに。
こうなったら、今度はミハエルがピンチです。

ルノーフェラーリのコンストラクターズポイントも差が広がりましたな。

このままストレートにアロンソを勝たせたら面白くないぞ!!
他のドライバーも頑張って、アロンソの前に出てくれ!!

っていうか、今季最後のブラジルGPで、キミの優勝が見たい!!
そうしないと、マクラーレン本当に10年ぶりに全く優勝が無い事になるぜ。
今季も最後まで、キミ・ライコネンを応援しますぞ!!
マクラーレン、シルバーアローでの最後のレース、頑張ってくれ!!


第17戦日本GP予選結果。

日本GP予選結果。

ポールポジションは、フェラーリフェリペ・マッサです。

フェラーリフロントロー独占。

↓予選結果。
  1. F.マッサ  フェラーリ
  2. M.シューマッハ  フェラーリ
  3. R.シューマッハ  トヨタ
  4. J.トゥルーリ  トヨタ
  5. F.アロンソ  ルノー
  6. G.フィジケラ  ルノー
  7. J.バトン  Honda
  8. R.バリチェロ  Honda
  9. N.ハイドフェルド  BMWザウバー
 10. N.ロズベルグ  ウィリアムズコスワース
 11. K.ライコネン  マクラーレンメルセデス
 12. R.クビサ  BMWザウバー
 13. P.デ・ラ・ロサ  マクラーレンメルセデス
 14. M.ウェバー  ウィリアムズコスワース
 15. V.リウッツィ  トロ・ロッソコスワース
 16. C.アルバース   ミッドランドトヨタ
 17. D.クルサード  レッドブルフェラーリ
 18. C.ドーンボス  レッドブルフェラーリ
 19. S.スピード  トロ・ロッソコスワース
 20. 佐藤琢磨  SAF1 HONDA
 21. T.モンテイロ  ミッドランドトヨタ
 22. 山本左近  SAF1 HONDA

グハッ!?
どした!?マクラーレン勢!?

キミ・ライコネンもペドロ・デ・ラ・ロサも・・・
予選の第2で落ちたぞ・・・|||○| ̄|_

大ショックでした(泣)

去年の最速キミはどこにいった!?

・・・って、去年は17番手スタートから、最後劇的なオーバーテイクを見せて優勝してくれたのだが・・・。

今年のマシンの開発の遅れが・・・今季を物語ってたのかなぁ。
やっぱりよく壊れるしな。何より、いまいち速さがねぇ。

トヨタ勢2人。3番手にラルフ・シューマッハ、4番手ヤルノ・トゥルーリ。

この2人がフェルナンド・アロンソの前に出た時は、思わずガッツポーズしちゃったぜ(えw

と、いってもスタートで2人とも抜き去っちゃいそうなのがアロンソですが(笑)

まあ、5番手にフェルナンド・アロンソ、6番手ジャンカルロ・フィジケラとルノーの2台が続いて・・・そんな感じで予選が終わりました。

今年、マクラーレン勢の優勝は有り得るのか!?
10年ぶりに優勝0回となってしまうのか!?
そこは、キミ次第な感じで・・・。

今季6回目かよ。

中国GP決勝・・・。


優勝はフェラーリミハエル・シューマッハでした!!

6位スタートから1位にw

ルノーフェルナンド・アロンソは、PPスタートから2位終わりでした。

残り数周の追い上げは頑張ってたけどね。
もはや頑張るのが遅かった。


そんで、マクラーレンキミ・ライコネンはといいますと・・・


スタートはかなり良かったです!

1周目、すぐにHONDAバリチェロをかわし、それから少ししてバトンを抜き5位から3位に浮上vv

そのままキミは、フィジケラの後ろにつき煽りまくりw

13周目でついにかわして2位に!!

今日のキミは、速いぞ!!!


って、思ってたら・・・

1回目のピットが終わった後に・・・

スローダウン!!!(号泣)


またかよおいw

今季6回目のリタイアだぜぇ・・・|||○| ̄|_

本当に不運の神・・・降り過ぎだろう・・・。

予選結果と決勝結果は、また後で書きます・・・。多分、仕事から帰ってきて夜辺りにでも。


 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。