PROFILE

鴻牙唖狼

Author:鴻牙唖狼
キミ・ライコネンを応援しています!
F1を見始めた切欠は、ミカ・ハッキネンです。

Recent Entries

Categories

Result & Race Calendar

Recent Trackbacks

Recent Comments

BlogPeople

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あー勿体無い感じ。

本当に、ライコネンは勿体無かったなぁって感じで、カナダGPが終わりました。
ピットストップ2回での、タイムロスさえなければ、もっと上の順位だったのではないかと。

第3スティントでは、皆マシン滑らせてて…
ライコネンも最後2周というところで、またマシンを滑らせるというミスをして、ミハエルに抜かれてしまいましたが…。
あのピットストップさえ、上手くいっていれば、もしかしたらこんな事にはならなかったかも?…あれだけの事が立て続けに起これば、さすがのライコネンでも精神的に、イライラしたりしますよね…。
最近のマクラーレンのピットクルーのワークには、少し不満が…タイムロスがいつもある気がする…。(気のせい?)

アロンソの優勝で、ミシュランタイヤが通算100勝目をあげましたね。
それは良い事なんだけど…昨年、今年とアロンソは何かとラッキーで勝ちを拾い上げている気がしてならないなぁ。
確かに、ドライブは上手いのだろうけど、ミスもなかなかしない所はすごいと認めるけど、何か納得がいかない勝ちが多い…スッキリしないというか。
運も実力の内っていう事だろうけど、それでも何だかなぁって気がするよ。
もちろん、本当に速くて余裕勝ちっていう時もあるけどね。
それにしても、アロンソは今回もレース後に、素敵なポーズをしてました。マシンの上に肩膝ついて腕を羽ばたかせてたよw

まぁ、終わった事でグチグチ言っててもしょうがないけど。

ライコネンは、本当に我慢強く走ってると思う。
自分のミスは、素直に認める彼がスゴイなぁと思う。だから、それ以外の事で、最後まで走れなかったり、順位を落とす事になったりするのは、とっても見ていて惜しいと感じる。

次戦は7/2、アメリカGP。
ライコネン、マシンも大分良くなってきてるから、優勝してもいい筈なんだけど。
次は、今回のピットストップみたいな、ドタバタ劇は見たくないなぁと…思った。

あまりにも、目が冴えて…仕事なのに眠れないので、ちまちまと文字を打ってしまいました。
こんなので、車運転して大丈夫なんだろうか自分(笑)

スポンサーサイト

第9戦カナダGP決勝結果。

2006年F1 第9戦カナダGP決勝
ジル・ヴィルヌーヴ・サーキット/ 4.361km 70周
天候:晴れ 気温:29℃ 路面温度:48℃

本日も…
VS VS
の戦いになりました。

レースが始まる前は、 VS ルノーフェルナンド・アロンソマクラーレンキミ・ライコネンの戦いだと思っていたのだけど・・・。

レース途中で…とんでもなく、有り得ないだろう!?…ていう出来事が2回もあったからです。
そして、レース終盤にもドタバタがございました。

↓以下決勝結果。
 1. F.アロンソ  ルノー  →4連勝だってよ(ちっ)
  2. M.シューマッハ  フェラーリ  →ラッキーだったね。
 3. K.ライコネン  マクラーレンメルセデス  →キミは良く頑張った。
  4. G.フィジケラ  ルノー
  5. F.マッサ  フェラーリ
  6. J.トゥルーリ  トヨタ
  7. N.ハイドフェルド  BMWザウバー
  8. D.クルサード  レッドブルフェラーリ
  9. J.バトン  Honda
 10. S.スピード  トロ・ロッソコスワース
 11. C.クリエン  レッドブルフェラーリ
 12. M.ウェバー  ウィリアムズコスワース
 13. V.リウッツィ  トロ・ロッソコスワース
 14. T.モンテイロ  ミッドランドトヨタ
 15. 佐藤琢磨  SAF1 HONDA →リタイアしたけど、完走扱い
 16. R.シューマッハ  トヨタ →R
 17. J.ビルヌーブ  BMWザウバー →R 頑張ってたのに惜しい。
 18. J-P.モントーヤ  マクラーレンメルセデス →R
 19. R.バリチェロ  Honda →R
 20. F.モンタニー  SAF1 HONDA →R
 21. N.ロズベルグ  ウィリアムズコスワース →R
 22. C.アルバース   ミッドランドトヨタ →R

完走は14台+1台(琢磨がリタイアだけど完走扱いとなった)。
やっぱり、カナダGPは完走率が低くなりますね。
モントーヤロズベルクが接触して、ロズベルクが壁にぶつかったため、2周目から、早速セーフティーカーが…。
そして、スタートがフライングぽかったフィジケラが、やっぱりドライブスルーペナルティをうけました。

前回のイギリスGPの決勝結果と、1位~5位までが一緒じゃんよ…(汗)
ファステストラップは22周目にライコネンが出した、1分15秒84でした。

ルノーアロンソは、またまたポールトゥウィンで4連勝…いい加減飽き飽きしますよ。
皆どうにかして、アロンソを表彰台から落としなさい…て感じ?(苦笑)

スタートでは、フィジケラがフライングしたためか、少し出遅れたところを見逃さず、ライコネンが前に出る!
よし、スタートはOKだなぁ…次はアロンソの追撃だ!
アロンソの後ろを、なかなか良いペースでライコネンが追い回す!
おぉ!これは行けるぞ!…イケイケ~♪…と思ってたら、素敵に仕掛けにいきましたね。
…惜しくも前にはいけませんでしたが、一気に応援の熱があがってきましたよ!

最後の残り2周になる前に、マクラーレンライコネンがヘアピンで滑って、少し膨らんだところを…フェラーリミハエルが抜いて行きました(号泣)
これで、表彰台の位置が、前回と同様、アロンソが1位、ミハエルが2位、ライコネンが3位に…○| ̄|_

だけど、ライコネンは良く頑張ったと思う!
あんな有り得ない事が、2回もピットストップで起こるとは!!(号泣)

ライコネンの1回目のピットストップ…何と、右リアタイヤがなかなかはまらず、4~5秒ぐらいのタイムロスが!!(号泣)
何やってんだよ!ピットクルー!!
夜中にもかかわらず、思わず叫んでしまったよ…(汗)

これで、ライコネンアロンソとの差が広がって…マズイぞ!って雰囲気に…。
眉毛(失礼)にまた楽をさせる事になるじゃねぇーか…。
あんなに頑張ってるライコネンを、勝たせたくないのかよ!?
チームがミスをして、ライコネンが不利になるような事してどうするよ!?

しかも…ライコネンの不運は、これだけでは終わらなかった。
ピットストップ2回目…今度はエンジンストールで一瞬ストップした!?
そんなバカな・・・|||○| ̄|_
これで、また6~7秒くらいはタイムロスしたんじゃないかと…。

なんで、ピットストップが2回とも、こんな散々な事になるんだ!?
マジで不運の神が降りすぎだよ…ライコネンにばかり。
自分ではどうしようもない事ばかり起こってくれましたからね…自分でやったミスならともかく。
やりきれない感じですね。

後半、残り10周のところで、母国GPである、ジャック・ヴィルヌーブが壁にぶつかって、惜しくもリタイア。
本日2回目のセーフティーカー導入…残り8周目まで。
おいおい、これは面白い事になったぞ…とは思いましたけどね。
だけども…あまりにも残りが少なすぎたよ。

このまま、アロンソが楽勝ばかりじゃ、はっきり言って、つまらないぞ!

ライコネン…本当に、挫けず頑張って欲しいです。
次のアメリカGPでは、絶対絶対!優勝を!!

第9戦カナダGP予選結果。

カナダGP予選結果。
ポールポジションは、いい加減飽きてきた(苦笑)の、ルノーフェルナンド・アロンソが5戦連続で獲っちゃいました。
しかも、ジャンカルロ・フィジケラとフロントローを独占…。

マクラーレンキミ・ライコネンは、3番手。

↓予選結果。
 1. F.アロンソ  ルノー  1'14"942
  2. G.フィジケラ  ルノー  1'15"178
 3. K.ライコネン  マクラーレンメルセデス  1'15"386
  4. J.トゥルーリ  トヨタ  1'15"968
  5. M.シューマッハ  フェラーリ  1'15"986
  6. N.ロズベルグ  ウィリアムズコスワース  1'16"012
  7. J-P.モントーヤ  マクラーレンメルセデス  1'16"228
  8. J.バトン  Honda  1'16"608
  9. R.バリチェロ  Honda  1'16"912
 10. F.マッサ  フェラーリ  1'17"268
 11. J.ビルヌーブ  BMWザウバー  1'15"832
 12. C.クリエン  レッドブルフェラーリ  1'15"833
 13. N.ハイドフェルド  BMWザウバー  1'15"885
 14. R.シューマッハ  トヨタ  1'15"888
 15. V.リウッツィ  トロ・ロッソコスワース  1'16"116
 16. D.クルサード  レッドブルフェラーリ  1'16"301
 17. M.ウェバー  ウィリアムズコスワース  1'16"985
 18. S.スピード  トロ・ロッソコスワース  1'17"016
 19. T.モンテイロ  ミッドランドトヨタ  1'17"121
 20. C.アルバース   ミッドランドトヨタ  1'17"140
 21. 佐藤琢磨  SAF1 HONDA  1'19"088
 22. F.モンタニー  SAF1 HONDA  1'19"152

最後に、キミフィジコに抜かれてちょっぴり悔しい。
でも、3番手となかなか良いポジションなんで、期待大です!
折り返し地点のGP…そろそろこの辺で、キミに優勝を獲って欲しいところですね。

第8戦イギリスGP決勝結果。

2006年F1 第8戦イギリスGP決勝
シルバーストン/ 5.141km 60周
天候:晴れ 気温:26℃ 路面温度:40℃

今日のレースは、ポールポジションを獲ったルノーフェルナンド・アロンソ、2番手マクラーレンキミ・ライコネン、3番手フェラーリミハエル・シューマッハの3人。
VS VS

この3人の戦いになるのか!?…予選の順位的には、こうなるのかと思っていた。
…が、そうなるわけもなかったのか。
とっても、がっかりしました○| ̄|_
ライコネンのスピードが、ちっとも上がらない!
どんどんアロンソとの差が広がっていくよ!?…最初の数周だけでしたね、アロンソについていけたの。

↓以下決勝結果。
 1. F.アロンソ  ルノー  →3連勝
  2. M.シューマッハ  フェラーリ
 3. K.ライコネン  マクラーレンメルセデス
  4. G.フィジケラ  ルノー
  5. F.マッサ  フェラーリ
  6. J-P.モントーヤ  マクラーレンメルセデス
  7. N.ハイドフェルド  BMWザウバー
  8. J.ビルヌーブ  BMWザウバー
  9. N.ロズベルグ  ウィリアムズコスワース
 10. R.バリチェロ  Honda
 11. J.トゥルーリ  トヨタ
 12. D.クルサード  レッドブルフェラーリ
 13. V.リウッツィ  トロ・ロッソコスワース
 14. C.クリエン  レッドブルフェラーリ
 15. C.アルバース   ミッドランドトヨタ
 16. T.モンテイロ  ミッドランドトヨタ
 17. 佐藤琢磨  SAF1 HONDA
 18. F.モンタニー  SAF1 HONDA
 19. J.バトン  Honda →R
 20. S.スピード  トロ・ロッソコスワース →R
 21. R.シューマッハ  トヨタ →R
 22. M.ウェバー  ウィリアムズコスワース →R

結局、ライコネンは2回目のピットストップ後に、ミハエルに抜かれて、そのまま3位表彰台どまりに終わりました(号泣)
最後の10周ぐらいは、フィジケラに追われてましたよ(汗)
何だか、とっても普通に優勝がアロンソになったので、あまり面白みの無いレース展開で終わりました。

あれだけ、予選ではマシンの調子が良いと言ってたのに、レース中はライコネンのマシンスピードは、速くならなかった。
次のレースまでには、もっと競争力のあるマシンに仕上がってくれれば良いのですが…。
今のままだと、中途半端な感じ。

次回は6/25第9戦カナダGPですよ。
マクラーレンのマシン…速くなって欲しいところですね。
いい加減、青と赤を止めて下さいw
(無理か?)

第8戦イギリスGP予選結果。

イギリスGP予選結果。
ポールポジションは、またまたルノーフェルナンド・アロンソ
2位にマクラーレンキミ・ライコネン!!

↓予選結果。
 1. F.アロンソ  ルノー  
 2. K.ライコネン  マクラーレンメルセデス  
  3. M.シューマッハ  フェラーリ  
  4. F.マッサ  フェラーリ  
  5. G.フィジケラ  ルノー  
  6. R.バリチェロ  Honda  
  7 . R.シューマッハ  トヨタ  
  8. J-P.モントーヤ  マクラーレンメルセデス  
  9. N.ハイドフェルド  BMWザウバー  
 10. J.ビルヌーブ  BMWザウバー  
 11. D.クルサード  レッドブルフェラーリ  
 12. N.ロズベルグ  ウィリアムズコスワース  
 13. V.リウッツィ  トロ・ロッソコスワース  
 14. C.クリエン  レッドブルフェラーリ  
 15. S.スピード  トロ・ロッソコスワース  
 16. T.モンテイロ  ミッドランドトヨタ  
 17. M.ウェバー  ウィリアムズコスワース  
 18. C.アルバース   ミッドランドトヨタ  
 19. J.バトン  Honda  
 20. F.モンタニー  SAF1 HONDA  
 21. 佐藤琢磨  SAF1 HONDA  スペアカーに乗り換え&エンジン交換
 22. J.トゥルーリ  トヨタ NO TIME

マクラーレンのホームコースの、シルバーストン。
今回こそは、キミに優勝して欲しいです!

マクラーレン改良型MP4-21。

6/11のF1イギリスGPに、マクラーレンが改良型MP4-21を投入するらしい。
どれくらい、変わったのか早く走りを見てみたい所ですね。
速くなってたら、良いのだけど。

シルバーストンは、マクラーレンのホームコースなので、なおさら期待してます!

前回のモナコで、キミ・ライコネンがリタイアしちゃったんで、今回こそは、キミの優勝だったらと思います。

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。